Archive for the ‘オープンソース’ Category

サーバーを借りる。
今迄借りていたXサーバーではsshが出来ないのでコアサーバーをレンタル


レンタルで来たらドメインとかを登録して
管理メニューより、「ホスト情報登録」をクリック、「SSH登録」ボタンをクリックしましょう。
登録後、5分程度で接続可能となります。

ターミナルでssh接続
$ ssh <ログイン名>@<ホスト名:例xx.coreserver.jp>

で繋がってもコマンド使えないのは以下の理由が考えられるというか困った

sshでログインしてもコマンド使えねー
http://www.coreserver.jp/help/index.php/path/
みたいな感じらしい。。。
各種パス(PATH)について
各種パスについて解説します。
絶対パス、ディレクトリについて
絶対パス /virtual/アカウント名
(例:/virtual/sample/)
転送先ディレクトリ(フォルダ) /public_html
アクセス解析保存ディレクトリ /public_html/log
生ログ保存ディレクトリ /log
メール保存ディレクトリ /Maildir
各種プログラムへのパスについて
Perl /usr/bin/perl
/usr/local/bin/perl
PHP5 (CGI版) /usr/local/bin/php
/usr/local/bin/php5
PHP4 (CGI版) /usr/local/bin/php4
PHP6 (CGI版) /usr/local/bin/php6
Ruby (CGI版) /usr/local/bin/ruby
sendmail /usr/sbin/sendmail
/usr/lib/sendmail
その他のパスについて
SSH/シェル BASH 3系
(登録からご利用まで1日程度掛かります)
各種UNIXコマンド /bin
/usr/bin
/usr/local/bin

時間余裕見ていれましょう

その他の大まかな事は以下のサイトを参考に

http://ameblo.jp/dropshipping-dojyo/entry-10983253049.html
http://php-sql-gdgd.jugem.jp/?eid=77/

一応運営が始めることができました

デザイン等のカスタマイズはあんまり出来ないなぁと思っています。三系だからかな

次回はプラグインを入れる話でも書こうかな

InkscapeはW3C標準のScalable Vector Graphics(SVG)フォーマットを使ったオープンソースのベクターグラフィックソフトで、IllustratorやFreeHand、 CorelDrawや Xara Xに類似しています。SVGの特徴としては、シェイプ、パス、テキスト、マーカー、クローン、アルファ・ブレンディング、トランスフォーム、グラデーショ ン、パターン、グループが使用可能と言うことが挙げられます。InkscapeはさらにCreative Commonsメタデータ、ノード編集、レイヤー、複雑なパス操作、ビットマップのトレース、パスに沿ったテキスト、フローティングテキスト、ダイレクト XML編集など、様々な機能をサポートしています。InkscapeはJPEG、PNG、TIFFなどのビットマップ画像をインポートでき、PNGとして エクスポートできます。また、様々なベクターベースのフォーマットにも対応しています。

Open Source Scalable Vector Graphics Editor

Inkscape

今度じっくり使ってみようと思います!

イラレを買うのはお値段的に。。。って人は是非!

でもこれからは仕事の環境とかもオープンソースの物でそろえていきたいなと考えています。
まあ、印刷出すときとかには困りますけど。